普門軒のブログ 禅という見方

禅と真摯に向き合えば、あなたの生き方が必ず変わる

今年のお彼岸は1週間目標を立ててみませんか

f:id:fumonken:20190830182115j:plain暑い八月ももうすぐ終わりです。この時期になって参りますと普門軒のあたりは夕暮れからは、すっかり涼しくなって参ります。あの寝苦しかった夜も秋の虫たちの演奏会に変わります。

秋のお彼岸の一週間に

彼岸って何をするの?

毎年秋分の日が秋の〈彼岸〉の〈お中日(おちゅうにち)〉にあたります。この秋分の日を中心に7日間を秋の彼岸として古来より迎えて参りました。

彼岸は仏道修行の1週間!

彼岸は日常生活の中で自発的に、意識的に仏道修行を行う期間としてきました。ではどんな仏道修行を積んでみればいいのでしょうか。それは〈六波羅蜜(ろくはらみつ)〉と呼ばれる六つの仏道修行がよく紹介されます。ここでは仏道の戒め〈十戒(じゅっかい)〉から六つを紹介し、1週間の目標としてお伝えしたいと思います。ちなみに戒めとは「心がけ」のことだと受け止めてください。 

彼岸の1週間の目標!

一日目、お肉、魚を食べず、野菜のみの食事をとることに一日心がける。
二日目、人の過ちを責め立てないことに一日心がける。
三日目、何が起こっても怒らないことに一日心がける。
四日目、お寺の法要に参列、墓前へご先祖供養に出かける。
五日目、人にもの与えることに惜しまぬように一日心がける。
六日目、自分の好きなことを控えるように一日心がける。
七日目、うそや方便をつかないよう一日心がける。

以上、今年の彼岸がひとつ、仏道修行に心がけてみませんか。仏道修行は誰のためでもありません。誰かがチェックしていると言うことでもありません。罰もありません。ご自分で「心がける」これだけです。もし、破ってしまっても、その後、また心切り替えて、実践してみてください。何か変わるわけでもありません。でも毎年続けると説明の出来ない変化が訪れます。

彼岸の一週間はこのような仏道の「心がけ」をしてみてはいかがでしょうか。