普門軒のブログ 禅という見方

禅と真摯に向き合えば、あなたの生き方が必ず変わる

坐禅と法話を聞きに来てくださいました

f:id:fumonken:20191016123156j:plain

今日は以前も来てくださった方々ですが、8人ほど坐禅と法話を聞きにまた普門軒に来てくださいました。日頃は誰も来ない普門軒ですが、秋の本当に心地の良い時間に、みなさんがお寺にお越しになり、とてもいい時間を過ごせました。

心を砂地にしてしまう力

コンクリートから砂地へ

私の師匠の修業時代、師匠の師匠がこんなことをおっしゃっていたそうです。

コンクリートにいくら水をかけても、染みこまん。でも砂地にかければ水はいくらでも染みこむ。

私はこの言葉が好きで、事あるごとにこのことを思い返します。法要や法事の後に法話をさせていただくのですが、なかなかみなさんの心に残るお話ができません。

今日来てくださった方々は、坐禅をして、和尚さんのお話を聞きたいという方々がお越しになっています。いわば今日の方々の心はすでに砂地の状態です。その上、坐禅をしてからの法話ですから、さらさらの砂地です。私がお話しする法話の意図や、本意をくんでくださったように感じました。法話の後、お茶を飲みながらのお話も、みなさん質問をしてくださって、とてもいい時間を過ごさせていただきました。

私はまだまだ力の無い和尚で、コンクリートを砂地にはなかなかできません。師匠方のように力のある和尚は、コンクリートの心を砂地の心にし、そして染みこませてしまうお話をなさるのだろうといつも思うのです。