普門軒のブログ 禅という見方

禅と真摯に向き合えば、あなたの生き方が必ず変わる

Fight for Freedom. Stand with Hong Kong

f:id:fumonken:20190914202121j:plainどうしてもこの話題について書きたくて、書かないといけないと思い、今日、はじめてブログにしたためます。

今、ひとつの小さな国が大国に飲み込まれようとしている

普門軒にはたくさんの香港人が投宿しました

私は47歳で、子供の頃よく香港のアクション映画を見ていた世代です。ジャッキーチェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウといったアクションスターや『キョンシー』などのコメディー映画などを通して、自然と香港の町の風景や人々、広東語の音にも親しみを感じていた世代です。

お寺で10年近く投宿を受け入れてきて、日本人だけではなく、多くの外国人がこの小さな禅寺に来ました。アジアから来た人のほとんどは台湾人と香港人でした。いずれの人も日本に親しみを感じている人たちで、日本仏教や禅、日本文化に関心、造詣の深さを持っていました。

こういうご縁もあって、よく投宿に来きてくれた人の招きをうけ、台湾に3度、香港に1度行きました。香港に行ったのは3年前の夏でした。暑い夏でした。3年後の今、香港がこんなことになるとは全く想像もできませんでした。

私が歩いた道や風景に中国の武装警察が

私はテレビは持っていないのですが、ネットはありますのでニュースはよく見ます。しかしニュースも文字のニュースで香港のデモが起きている、そのおおよその背景は知っていたのですが、香港の今の状況を動画を通して知ったのは8月も中旬を過ぎてからでした。

私が歩いた風景がニュースに映し出されています。私が散歩をした道、私が乗った地下鉄、思い出される風景に、たくさんの中国の武装警察が香港の人々を押さえ込んでいます。その圧倒的武装力の中国の武装警察に対して、若い香港人が立ち上がっている風景を見て涙があふれました。大体なんで中国の警察がいるんだ!

今、ひとつの小さな国が大国に飲み込まれ、消え去ろうとしています。それを私たちは現実に目にしています。来年の今、3年後の今、香港は文字通り中国の一部になっているかもしれません。

私たちにできるは関心を寄せ続けること

香港の友人に大丈夫かというメールを送り、9月6日に返事をもらいました。


Thank you very much. I am ok, please don't worry. But the situation in Hong Kong is not very good as you watch on YouTube. Hong Kong police use excessive military force and weapon to quell Hong Kong citizens. I am really worried about when and how will quieten everything as Hong Kong and China government seems won't concede any more.


私たちは直接何かしてあげられることはないでしょう。でも関心を持ち、そのことを多くの人に知らせることはできるはずです。無関心が一番彼らを落胆させることになると思います。このことについて話したり、話題にし、関心を寄せ続けることが私たちにできることではないかと思います。